2014年12月26日金曜日

辰野病院三大ニュース

今年も残すところあと5日となりました。みなさまにとって2014年はどのような年でしたか。苦しかったこと、楽しかったこと、いろいろなことがあったでしょう。
ということで、辰野病院においても様々な出来事がありました。ここで、恒例の辰野病院三大ニュースを発表したいと思います。(よっちゃんの独断です)
①旧病院の解体工事
長年お世話になった旧病院ですが、老朽化のために任務を終え、佇んでいました。しかし、いつまでも放置しておくわけにいかず、今年の3月から解体工事がはじまり、「見守り桜」に見守られながら無事に解体工事が終了しました。旧病院に感謝の気持ちを込めて、解体工事を一番の出来事としました。


②第2回辰野病院祭
昨年に引き続いて病院祭を行いました。さすがに2回目ともなると、あまり来ていただけないのではと懸念しましたが、ふたを開けてみたら、思わぬ盛況ぶりに、今年も「じぇじぇじぇ」となりました。そこで「第3回辰野病院祭も」と言いたいところですが、今から来年の話をしていると、お兄(おに)さんならぬ鬼に笑われてしまいます。


③バイキングランチ
病院食というと「はやい」「まずい」「つめたい」という3悪のイメージではないでしょうか。しかし、最近では温かく美味しい料理を提供し、イメージも変わってきているところに、今年から「バイキング」形式の特別ランチをはじめました。「病院食にバイキング」と思われるでしょうが、食事を楽しむというのも、大事な治療の一環であり、病院食も本当に変わってきております。
以上が今年の三大ニュースです。来年もいい年になりますように。来年もブログともども辰野病院をよろしくお願いいたします。


0 件のコメント:

コメントを投稿